会長あいさつ

 社協・日赤会費の納入、ありがとうございます

message_chairman

社会福祉法人酒田市社会福祉協議会
会長 阿部 直善(あべ なおよし)

 8月に入りました。この「会長あいさつ」は、4月以来の更新です。いつもですと、2か月に1回、長くても3か月に1回は更新しているのですが、今回は、期限のある他の業務を多く優先させてしまい、4か月ぶりになってしまいました。

 この間、季節は春から夏へと移りましたが、大雨や強い地震が各地で頻発しています。被災された皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。

 さて、市民皆さまには、日頃より社協活動にご理解、ご協力を賜り、まことにありがとうございます。とりわけ、例年この時期は、社協と日赤の会費を、自治会、コミュニティ振興会で集約していただき、会長の皆さまなどから、暑いさなか、社協本部や各支部へお届けいただいております。ここに改めて深く感謝申し上げます。  

 今、国では、「共生社会の実現」をめざし、「我が事、丸ごと」の考え方で地域づくりを進める考え方を打ち出しております。言わば、社協が主張してきた「住民主体で地域福祉活動を展開する」という理念が政策化されたことになります。このことの評価は、私も含めいろいろあるようですが、これからの地域づくりを進めるうえで、地域福祉の重要性が位置づけられた意義は大きいと思います。

 私たち社協の役職員は、市民皆さまから、会費を頂戴し、かつ日常の地域福祉活動でもご協力をいただいていることを肝に銘じ、皆さまの負託に応えるべく「福祉でまちづくり」を進めてまいります。引き続きのご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 暑さは、これからが本番です。市民皆さまには、くれぐれもご自愛ください。

平成29年8月2日

 

 

 平成29年度を迎えて

message_chairman

社会福祉法人酒田市社会福祉協議会
会長 阿部 直善(あべ なおよし)

 今年は、例年に比べて雪が少なく、春の訪れも早いように感じていましたが、意外にもぐずぐずと寒い日が続きました。それでも社協近くの新井田川堤の桜並木は、日に日にピンク色が目立つようになりました。残雪の鳥海山を背景に咲きそろうのも、もう間もなくです。(

 そんな春の息吹を感じる中、平成29年度が、いよいよスタートしました。新年度にあたり、ごあいさつと所信の一端を申し上げます。

 市民皆さまには、当社協に対し、日頃からたくさんのご支援、ご協力を賜り、まことにありがとうございます。心からお礼申し上げます。29年度は、「第3期酒田市地域福祉活動計画(計画期間:28~32年度)」の2年度目として、制度改正や新規事業の導入などの課題に対応すべく、次の8項目に重点を置いて取り組みを進めてまいります。

① 地域での支え合い活動の推進
② 新しい介護予防・日常生活総合支援事業の
    対応
③ 新・草の根事業の包括的見直し
④ 地域福祉活動の担い手確保と育成
⑤ 地域福祉活動と市社協介護事業等との連携
⑥ 社会福祉法人等との協働による公益的取り
    組みの推進
⑦ 共同募金運動の新たな展開
⑧ 社会福祉法改正への対応

                    これらは、例えば①と②の関係のように、各事業
                   が多かれ少なかれ連動し合うものばかりです。また、
                   ③のように、これまで社協の「売り」だったものを
                   包括的に見直すという大仕事もあります。それだけ
                   に、取り組み前の意思統一と事後の振り返りをしっ
                   かり行い、成果を上げてまいりたいと思っておりま
                   す。 

                    市民皆さまには、引き続きご支援、ご協力賜りま
                   すよう重ねてお願い申し上げます。 

                   ※きれいな桜を眺められるのも、「心のふるさと新
                   井田川の会」による環境美化ボランティア活動のお
                   かげです。ありがとうございます。