公益財団法人車両競技公益資金記念財団が実施する「令和3年度第1回高齢者、障害者等の支援を目的とするボランティア活動」に対する助成

山形県共同募金会より、標題の助成についての案内がありました。応募は各都道府県の共同募金会を通じて行います。助成についての詳細は財団のホームページを確認いただき、申請のご希望があれば山形県共同募金会までお申し出ください。

 

1、助成金交付申請の手続等

助成金交付申請者は、当該都道府県共同募金会から本財団所定の申請書を入手し、令和3年6月1日(火)~6月30日(水)の間に申請書を当該都道府県共同募金会に提出するものとする。

2、助成対象事業
高齢者・心身障害(児)者(以下「障害児者」という。)に対するボランティア活動に直接必要な器材の整備事業。

3、助成対象となる団体
次の事項を満たしているボランティア活動団体が助成の対象となります。
また、社団法人・財団法人・社会福祉法人は助成対象団体から除外されていますの
でご注意ください。なお 、 特定非営利活動法人については助成の対象となります。
⑴ ボランティア活動に実績があり、活動が継続されていること 。
「活動に実績」とは、2年以上の活動歴がある場合をいいます。また、要望する
器材を使用する活動分野の実績が不足していると判断される場合は助成対象外と
されることがあります。
⑵ 過去にこの助成を受けた団体は助成の優先度は低くなること 。
特に、助成を受けた後、2年間は助成の対象 となりませんのでご注意ください。
⑶ ボランティア・コーディネートを事業目的とする団体は助成対象外とされること 。
直接のボランティア活動を行なう団体が対象となりますので、社会福祉協議会、
ボランティアセンター、ボランティア協会等(以下「社協等」という。)の実施する
事業は申請の対象とはなりません。
ただし、申請にあたっての事務担当窓口が社協等となること、整備した器材等を
社協等が所有する倉庫等に保管するなどについては問題ありません。
⑷ 主たる活動が収益を上げることを目的としたものであると 判断される団体は助成
対象外とされること

※ 助成の要綱等の詳細は公益財団法人車両競技公益資金記念財団のホームページをご確認ください。

公益財団法人車両競技公益資金記念財団

山形県共同募金会